生徒の声「1年間の感想」

石川 博基
人事領域全般
株式会社コスモスイニシア、株式会社コスモスホテルマネジメント
まず、1年間を振り返って感じたことは自身の圧倒的な至らなさでした。
当然、この1年で多くの学びを通して視座の高まりや視野の広がりを実感していますが、岡村先生はもちろん、登壇される先生の方々の圧倒的なレベルに、自身の至らなさを感じるとともに更なる成長への渇望を抱きました。
EATは通常のビジネススクールで学べるような学問としてのビジネスではなく、圧倒的な経営経験を持つ講師の方々がご自身の人生訓を体験とともにお話しいただける場です。どんなスクールよりもリアリティがあり、どんな書籍よりも熱量のあるそんな場です。
そして、その学びを求める志高い友人と出会える場です。
この場に出会えたことに心から感謝をしています。そして、出会えた方々に誇れる自分であるために引き続き成長に向けて邁進してまいります。
柿野 由紀
人事担当
経営コンサルティングファーム
出向先の企業研修での岡村さんと出会いをきっかけに、2020年4月EAT受講がスタートした。
緊急事態宣言のなか、予定通り第1回からオンラインでの4時間の講義とディスカッション、当初は、慣れないことに緊張しながらも、講義終了後は、心地よい疲れと満足感を感じた。1年のプログラムを通じて、講師のみなさまの熱い思いから、本質は何かを考え、オンラインとリアル、ハイブリッドな学び方を実践する機会ともなった。金融アレルギーという言葉の通り、苦手な「市場・企業の見方」について、毎月の模擬運用課題を通じて、少しずつ世界が広がっていった。「いつ始めても遅すぎることはない」 学び、成長を続けるエネルギーを岡村さん、講師の皆さん、同期の皆さんからいただき、春から新しい一歩を踏み出す。
北園 健一郎
ゼネコン(建築施工系)
鹿島建設株式会社
40代前半にして、建設業界の知識と技術にのみ研鑽を積んできた自分に、このままじゃいけないと思い始めた矢先に縁あってEATを受講しました。様々な業界のエグゼクティブである講師からの金言は毎回目から鱗が落ちる思いで、入校当初、市場、企業の決算などについて、ほぼ無知であった自分が、1年を通して市場の動向を常に観察したり、決算書を読んだりできるようになりました。毎回講義では、咄嗟の質問に答える為の反発力が鍛えられ、生徒同士のチームディスカッションや発表において、十人十色の考えがあり、答えがひとつではない事を学び、毎回緊張感がありながらも、とても心湧き立つ時間を過ごせました。1年間の学びで、自身の変化を強く実感し、燃える目標を持って、これからも精進し続けられると思います。
小松 直貴
ロジスティクスの管理/改善業務
西濃運輸株式会社 ロジスティクス部
いま振り返ると、本当にあっという間の1年間でした。
異なる業種/業界のメンバーと大変個性豊かな先生方に囲まれ、毎回新鮮な気付きを頂けた講義でした。
自身の目的意識と社会(組織)の目的意識を常に結び付けながら行動していくことこそが、自分軸を持つために必要なマインドだと学びました。
価値が多様化した今日においては、従前の考え方は通用せず、自ら進取の心をもって行動することでしか先に進むことはできません。
そのための武器を手に入れることができたと思います。
入学と卒業は通過点のひとつに過ぎません。
ここからが新たな始まりでもありますので、OBOG会を通じてこれからも繋がりを大切にし、精進していきたいと思います。
阪井 悠一
経営企画
株式会社トウ・ソリューションズ
グローバルで活躍されている講師陣の講義と、多国籍多業種の同期とディスカッションができるEATビジネス予備校。
今年度はコロナ過での開催という事もあり、危機にどう立ち向かうか?についてもリアルに学ぶ事ができました。
また講師の実体験からなる講義は、ビジネスだけでなく今後の人生を過ごしていく上で多くの気づきを得る事ができ、非常に密度の濃い1年間でした。
学びを活かすも殺すも自分次第。
学びを行動につなげ、試行錯誤しながらも前進していきたいと思います。
匿名
役員秘書
生命保険株式会社
「新しい環境から刺激を受けることで心の目線を変えたい」という気持ちからEATを受講しました。受講開始時からコロナの影響でリモート中心の授業が続き、当初は続けられるのか。という不安もありましたが、素晴らしい講師陣や事務局の方々の丁寧なサポートのお陰で、リモート授業の利便性や緊張感と対面で講義を受けることのありがたさを実感した貴重な時間となりました。
EATの講義からは想像力を使うこと、視点を高く持ち大局で考えることの重要性を様々な課題から学び、日常の変化を嘆くのではなく、これからの自身の人生をどう前向きに舵取りしていくか、そしてそれにはどんな準備をするべきなのか。というヒントを頂けたと思います。今後も同期とのつながりを通じ、学ぶことを続けていきたいと思います。
ゼィントゥトゥアウン
日系企業・ミャンマー人材サポート業務
株式会社ジェイサット
始めに岡村先生と出会った時、先生がおしゃった話である「心とお金のバランス」という話に興味深かったで、4月に開始するEATビジネス予備校の研修日までわくわくしていました。国籍だけではなく年齢と職業も違う方々と一緒に勉強するということもドキドキしていました。
研修に参加して最初は心が疲れた時もありましたが、私にとって普段簡単に会えない素晴らしい経験や思考がある講師陣と直接話すことができたこと、社会人の経験がある研修生皆様と意見交換ができたことからみると非常に有効的に過ごした1年間でした。
コロナ禍でほとんどはオンライン講義でしたので、言語の壁もあり講師方々を含め、研修生皆様とコミュニケーションが上手く取れるのかと悩みもありました。しかし、コロナがあったこそ普段と違う体験が得られたと感じました。EATビジネス予備校で学んだことをこれからの自分の人生に活かしていきたいです。1年間ありがとうございました。
Septian Eka Pratama
事業推進部 コールドチェーン推進プロジェクト
セイノーホールディングス株式会社
この一年間、本当にありがとうございました。EATビジネス予備校はビジネスガイドブックで書いていた理論を学ぶような予備校ではなかったです。毎回の授業にWow!がいっぱい出ています。有名な専門家や日本・世界の組織長より授業を受けることができました。録画した映像ではなくて、リアルタイムです。世界レベルのビジネスにおいて様々仮説を実証して、実績を重ねられた先生方よりの刺激は忘れられないです。
また各授業のテーマは現在のシチュエーションに合わせたカリキュラムが用意されています。そして一方的の授業という形ではなく、「あなたがどう考えるのか?その論拠はなにか?」などの質問されることによってcritical thinkingの練習ができたと思います。同期の皆様とディスカッションのセッションも大好きです。
最後、学校で得た1つのアドバイスを共有したくて、こちらで書かせていただきます。
「夢を描き求め続けることが自分の能力も伸ばす」。私自身はこれから他人になろうではなく、夢を向って日々楽しく努力し、素直に思いやり深く成長していこうと思います。
先生方、同期と前期と事務局の皆様の出会いに本当に感謝しています。これから皆様のご健康とご活躍をお祈りいたします。今後ともよろしくお願いいたします。
乗鞍 彰子
食品メーカーIT部門
株式会社トウ・ソリューションズ IT企画室
入社してこれまで出会った方からの学びや刺激を受け、いつも前向きに考え積極的に行動してきました。ですが、これからのキャリアに迷いがあり、しっかり考えたいと、EATビジネス予備校に参加しました。
研修では、とても経験豊富な講師陣から、広く良質な情報や熱い言葉から刺激を受け、視野が広がり視座が高まり、また同期とのディスカッションから様々な視点を知りました。私がやりたい事。こだわりたい事。それは「人」に興味を持ち、相手を想像し、会話しお互いを知る事で、人と人や情報を共有しつなげていきたい。と、再認識する事ができました。
そして岡村先生はじめ、講師の皆様や同期との出会いに感謝し、これからも自身の想いを大切に成長していきます。今後も末長くどうぞよろしくお願いいたします。
匿名

生命保険会社
コロナ禍ではありましたが、EATで学んだ1年は充実した1年になりました。
岡村先生の燃える講義は勿論のこと、各界で活躍されている素晴らしい講師陣のお話を伺うことで、さまざまな刺激を受けました。考え抜くためのたくさんのヒントもいただきました。
同期生との議論の中にも数多くの気付きがあり、これからもこのネットワークを大事にしていきたいと思います。
正村 祐一
リスク管理
朝日生命保険相互会社
各分野の専門家の方による講座において、マネジメントに必要な能力や考え方、特に高い視点からのものの見方を学んだ一年間でした。
加えて、岡村先生による講義後のフィードバックや複数回にわたる熱い個人面談により自分自身を見つめ直すことができ、自己の成長に向けた大きな転換点となったと思います。
講座の間だけでなく、卒業後もお互いに切磋琢磨しあうであろう、個性豊かな同期の仲間たちとの出会いも大きな財産となりました。
EATで得たものを生かして活躍していきたいと思います。
眞鍋 宏彰
関連会社の経営企画並びに海外事業企画
東急不動産株式会社
コロナの先行き不透明感から世間に不安が立ち込め始める最中、自身がいかに「危機」と向き合うかという問いから、本予備校のモットーである、考え抜く1年がスタートしました。
岡村先生をはじめ各著名な講師の方々からの講義では、より広く深い世界観に触れる事で毎回多くの気づきを頂きました。また、バックグラウンドが異なる同期メンバーとの議論では、答えは一つでは無い中、自分達はどうしていくのか。互いに考えに考え抜く日々を過ごすと共に、また自身においても真剣に自己を見つめ直す1年となりました。
自身の腹落ち感のある燃える目標に向け、視座を高め、日々成長に向けた行動に移していきたいと思います。ありがとございました。
丸山 美鈴
外資系物流会社の日本法人としての営業拡大及びお客様のケア。合弁先のお客様の国際輸送ニーズのサポート
西濃シェンカー株式会社
この一年、EATがなかったら今日の自分はどういう人間になっていたんだろうか?
卒業式を迎えて自分に問いをたてました。コロナ禍で先がわからない日々を自宅で送る中、EATの仲間達との交流と学びが一年を通しての大きな自分の支えだったからです。
私たちのクラスは、2021年4月の緊急事態宣言の真っただ中に開始されました。平日は在宅勤務がありますが、週末はお出かけも習い事もできず、自宅でできることは限られてしまいます。そんな中、一年間を通じた課題をこなす基礎をつけるために簿記の勉強をしてみたり、課題を出し合ってオンライン勉強会を行ったりと、余暇の時間を“考える”時間にあてるきっかけをEATが作ってくれました。また、授業はもちろん対面ではできませんでした。初めての試みである(おそらく岡村先生にとっても?)オンラインでの授業はとても効率的で効果的で、対面よりも良いのではとさえ思いました。
私の岡村先生とEATとの出会いは、グループ会社の方(EAT5期生)に勧められてセミナーに参加したことでした。在シンガポールのアジア統括会社所属グローバル営業というポジションから日本法人の営業トップに異動して二年が過ぎようとしていたころで、そろそろ日本にいる他業種の方達との交流やインプットができる場に行きたい、と考えはじめていました。軽い気持ちで参加したセミナーの後、岡村先生に、既に自分は海外経験も長く、グローバルを理解したいという方達とは真逆にいるが、こちらで学ばせていただくことは人間の幅を広げる良い機会になると考えるとお話したところ、手助けをしてくださる旨快くご了承くださったことからEAT 6期生としての生活がスタートしました。
岡村先生の授業は、プログラムを自分で作られているからか伝えたい点が明確であり、自らの経験によるガイダンスが腹落ちしやすい言葉で語られ、とてもAuthenticです。 Authentic とは、作られたものではない、自分らしく、本質的な、といった意味です。ある種人間臭くもある岡村先生の、そのフィードバックやアドバイスは自分毎のように真剣であるために、回を進めるごとに私も含めて他のクラスメートの皆さんもどんどん真剣に向き合うようになっていきました。
各フィールドでのプロフェッショナルな先生方の講義、ディスカッションもEATの特徴の一つであると言えます。それらは知的好奇心を膨らませ、視線を外にむけさせてくれました。私たち6期生はオンラインありきで始まったクラスであるため、クラスメートは何の抵抗もなくさっとオンライン上で集まります。講義後にはよくオンラインで集まり、その日の個性の飛び出た先生方からの学びの内容を議論し、夜中まで続くことも度々ありました。
このEATでの一年を通して、私には学びを通した気づきが多くあり、多くのスイッチが自分に入りました。同時に、クラスメートの方達のスイッチが入る瞬間というものもよくわかりました。明らかに参加が積極的になったり、前向きな発言が増えたり、皆さんそれぞれのスイッチが入ったように思えます。是非私と同様の体験を、今後も多くの皆様に経験していただけるよう、岡村先生にはwish you all the best and good luck です。私もOBOG会を通してEATでの学びを皆さんと継続させていきます。
匿名
システム開発
IT企業
EATに入るか否かを決める前の面談にて、岡村先生から「貴方はこのまま進んで、今後うまく人をマネージ出来るだろうか?まだ、人を高揚させられるだけの深みを持てていないのでは?」というコメントを頂いたことをよく覚えています。
それなりに業務をこなす中で何となく管理職になり何となく組織運営してしまっていた自分にとって、それはとてもハッとさせられるお言葉でした。
自分を変える為にと飛び込んでみたEATでの1年間は、自分はビジネスマンとしてどうありたいのか、組織をどうしていきたいのかを深く考える機会となったと共に、多くの学びを得ることが出来ました。これから燃え続けていきます。
村田 信之
ロジスティクス
株式会社明治
私は、所属する会社が経営統合したことはあったものの、基本「同じ会社」で「国内」を基盤に仕事をしてきました。そのため、「多様性」「ダイバーシティ」についてほとんど意識したことがありませんでした。今回、EATビジネス予備校に参加したことで、自分の視野の狭さを痛感しました。そのことを自覚できたことはとても良かったと思っています。岡村先生を始め、いろんなバックボーンを持った講師からの授業、生徒間でのディスカッションはとても刺激的でした。ここで得たことは、自分自身にとって大きな財産になったと感じています。
これからは得た知識を仕事でのアウトプットにつなげ、さらには、同期メンバーに加えてOB・OGとも積極的に交流し、研鑽を深めていきます。
山根 正憲
貿易、マーケティング
専門商社
今後の生き方、働き方やキャリア構築に関する思考を深めたいと思いEATに入学いたしました。
様々なエグゼクティブの方からの講義、様々な分野で活躍されている受講者の方々とのグループディスカッションなど、毎回講義の内容が濃く、ビジネススキルのみならず考え方や人生観など多くの発見・気付き・学び・刺激があった一年間でした。
EATでの学びを実践することにより日々の生活や仕事が充実し、また、自分の成長を実感しております。
また、卒業後もセミナーなどの企画があるため、今後もEATでの学びを楽しみたいと思います。
匿名
個人保険部門
生命保険会社
大企業の一員として日々の業務に忙殺されながらも、それなりに「社会人」をこなしていました。しかし、常に「自分は、今いる企業でのみ通用する人間になっているのではないか?自分はこのままでいいのだろうか?」と、入社6年目の私は将来への不安を強く感じていました。
そんな私が幸運にも出会ったのがEAT、そして岡村先生でした。岡村先生は、私がイメージしていた「経営者」のイメージとは全く違う方で、穏やかな話し方の奥に炎が見え隠れする、素敵な魅力と、そして実績がある方でした。そんな岡村先生はじめ強力な講師陣の授業を通じて、会社業務をこなしているだけでは絶対に得ることのできない知識・スキル・視点、そして仲間たちを得ることができました。
EATで学んだ1年間で、自身の視界は圧倒的に明るくなりました。今は、将来に希望を持ち、迷いなく働いています。20代でEATに出会えたことは、本当に感謝しかありません。
若手の皆様も、ぜひEATの門戸を叩いてみてください。きっと世界が変わります
和田 康志
SI営業
市場開拓事業部ビジネス営業部
コロナ禍でリモートでの受講が中心でしたが、岡村先生を始めとした超一流の講師の方々の情熱、教えはしっかりと胸に刻まれました。
EATで学んだことは第一歩であり、学んだことをどう実践して自己成長に繋げるか、研修は1年で終わりましたが、生涯を通しての課題/宿題が明確になりました。
正直、現時点ではオーバーフロー気味ではありますが、優先順位や今できることは何かを整理して取り組めば、市場価値は自ずと高くなると確信しています。
燃え続ける為の仕組みを作り、講師の方々やEATの皆様に恩返しができるよう日々精進致します。